グリーンスムージー、ボイセンベリーで元気ボディ|若返る水素サプリ

空

グルコサミンで健康に

グリーンスムージー

グルコサミンの体内の生成量が減少したならば、サプリメントなどで補うようにしましょう。ヤクルトのような大手のメーカーからもそうしたグルコサミンのサプリは販売されています。これらなら心配なく飲むことができます。

詳細を確認する...

健康にも美容にもおすすめ

グリーンスムージーの誕生

グリーンスムージー

グリーンスムージーは今となっては美容や健康に持って来いのおすすめのドリンクとなりました。 最近では飲み方のバリエーションも豊富になってきて、より飲みやすいものに変わっていっています。 このご先祖様とも言われているのがインドの飲み物、ラッシーです。そして1930年にはアメリカで、今のような種類の豊富なスムージーではないけれど手軽に健康的に摂取できるということでブームになっていきます。 それから2000年代に入ると、私たちのよく知っているグリーンスムージーが生まれました。 この生みの親はアメリカの方で、もともと家族の病気を治すべくローフードを実践し続けてきました。しかし体調不良が改善されなかったため、人間と同じDNAを持つチンパンジーの食生活の研究に取り掛かった結果、「人には緑の野菜が必要だ」ということに気づいたのです。 それから緑の野菜をいかに美味しく飲みやすく摂取できるかという試行錯誤の末に、今のグリーンスムージーが誕生しました。

美味しいおすすめの飲み方

グリーンスムージーのおすすめの飲み方として、たくさんのパターンがあります。ここで注意をしないといけないのは、「グリーンスムージー」だから葉野菜を中心に作っていきます。初心者には小松菜や水菜がおすすめです。苦みも感じにくく臭みも気になりません。またフルーツの果物類はリンゴやバナナがおすすめです。バナナは甘みも足すことができ、腸内環境を整えます。 他にもオレンジやレモンを取り入れることで、肌荒れ防止やシミ・ニキビの対策にもなります。1日に飲む量は1〜2リットルほどで、一気に飲むのは辛いという人は初めは少しづつの量で、徐々に増やしていくというやり方だと毎日続けやすくなります。また、量が多いため置き換えのダイエットにも栄養が取りやすく最適です。

ボイセンベリーの利用法

サプリメント

ボイセンベリーにはブルーベリー以上にアントシアニンを豊富に含んでおり、使い方として紅茶やヨーグルトに混ぜる方法があります。また貧血予防や抗酸化作用についても大きな効果が得られるため、将来における需要も減少することはないと考えられています。

詳細を確認する...

細胞を効率よく守るために

薬

水素のサプリメントには、体内の活性酸素を減らす力があります。しかし一度に大量に摂取しても体に全ては吸収されないので、吸収できる量をこまめに摂取することが大事です。また、活性酸素は呼吸や食事によって増えたり、紫外線によって活発になったりします。そのため運動や食事の前後、外出前の摂取が効果的です。

詳細を確認する...